立ち方&歩き方講座に行ってみた

2021年11月。
もともと内股で、内股過ぎて足が引っ掛かって転んで、両手骨折した過去が有り、正しい歩き方を習いたいなーと思い、
ストアカのウォーキング講座に参加してみた。

場所は恵比寿のおしゃんてぃーなカフェの隣にあるスタジオだった。
2人の先生が出迎えてくれて、正しい立ち方と正しい歩き方でそれぞれ教えてくれる。

まずは準備体操から

最初のストレッチで胸式呼吸って言ってた。
手をグルグル回したり、片足で立ってもう片方の足をフラフラ横に動かしたりした。

そして
まずは靴の正しい履き方から教わった。

正しい立ち方

立つ時の足の開き具合は、かかとを付けて握りこぶし1個分足の先を開ける。

正しい姿勢で立つには
骨盤を真っすぐするとの事だけど、私はかなりの前傾で真っすぐ立つと脛に力が入る。

壁に背中を当てて手が入るか入らないか位が正しいけど私は両手はいる位開いている。
自分的にはくの字になってる位が真っすぐ立ってるとの事。

「正しく立つには4つのポイントがある」って言ってて

  1. 骨盤を真っすぐする事。
  2. 骨盤の上に上半身を立てる。
  3. 胸鎖乳突筋を意識して首を立てる。
  4. 足裏の体重比の割合を意識する。

との事。

2の上半身を立てる時は
私は反り腰過ぎるからお腹を丸めて前の服に皺が出来る位にする。
意識的には肋骨を丸めるようにする。

3の石原さとみも言ってる胸鎖乳突筋が出る様にこめかみを軸に一度上を向いて前を見る。
先生はめっちゃその筋肉が出てた!

4の体重を掛ける割合は、

  • かかと 5割
  • 母指球 3割
  • 母指球の反対側はじっこ 2割

との事。

スカートでレッスンを受けたけど、スカートの下の端が真っすぐに成るように立つ。

骨盤を立てる事を意識すると、脛に力が入っちゃう(´;ω;`)

正しい歩き方

歩く時は
真っすぐ1本の線を踏むように歩く。
その時、前足は若干外向きにする。

後ろ足の膝は伸ばす。
後ろ足は蹴るようにする。

手については
前足手反対側の手を前に出す。

体重移動の際に、骨盤の上に乗せるように歩く。

あと、先生から貰ったアドバイスは
後ろ足で押して歩く際に足首をしっかり伸ばす!との事。

他に教わった事

私は骨盤が前傾になっちゃうから、お尻の穴をしめるように意識する事。

スニーカーの時はかかとから着地する。
ヒールの時はかかとから着地しちゃダメとの事。

ビフォーアフター

最後にビフォーアフターの写真を見比べても全然違う事が自分でもわかる。

料金について

ストアカで90分5,500円。
体験の初回限定の値段らしい。

最後に

あっという間に時間が経つ程集中出来たし楽しく学ぶ事が出来ました

前の記事

2021年の治療費の合計