【2022年】ベストボディジャパンとは?

このサイトは、
乳がんになったアラフォー独身OLが
体を鍛えて完治を目指すブログです

2022年のベストボディジャパンに出たい為、
そもそも何なのか調べてみた。

ベストボディジャパンとは?

ベストボディジャパンとは何なのかググってみると・・・

日本の一般社団法人。
世界初の男女の年齢別ミスター&ミス・コンテストを開催。
日本最大のコンテスト団体である。
プロレス興行「ベストボディ・ジャパンプロレス」の運営も行っている。
元DDTプロレスリング所属選手の谷口智一(会長兼CEO)が、ボディビルや従来のミスコンテストとは異なる美しさ、健康美のコンテストを目指して設立。

ベストボディ・ジャパン協会 – Wikipedia

との事。

最近ではTMRの西川君が出場してる事で知ってる人も多い。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2179134/photo/2/

大会のコンセプトは?

ホームページによると、

コンテストを通じ健康で長生きする事が出来るのであれば幸いです。

ABOUT – BEST BODY JAPAN

との事。

大会に出る事を目標にする事でガン治療しちゃおう♪

と思ってる私にはうってつけだ。

審査基準は?

①健康美
②全身引き締まった身体、バランスの取れたスタイル
③ルックス、顔の表情、表現力
④ポージング
⑤ウォーキングを含む身のこなし、見せ方
⑥知性、品格、誠実さ

審査基準 – BEST BODY JAPAN

①健康美の時点で

ガン患者は健康じゃないじゃん!

って思ったけど、

*男性の方、女性の方共に
健康的なかっこよさや美しさ、健康的な身体を競う健康美コンテストです。

審査基準 – BEST BODY JAPAN

との事なので

健康的であればOKみたい。

そう言えば
傷口はどうなんだろう?

参照元:デザインタトゥー&ボディカラーリングの規定変更のお知らせ

手術の傷口がある事は不利になるかわからないけど
タトゥーはOKみたいだから傷口も大丈夫かも知れない。

実際に出場した際の傷口写真はこちら↓

部門について

ベストボディジャパン部門
モデルジャパン部門
マッスルモデル&フィットネスモデル部門

審査基準 – BEST BODY JAPAN

3つの部門に分かれている。

それぞれ審査基準が違うみたい。

ざっくり言うと

モデルジャパン→ベストボディジャパン→マッスルモデル&フィットネスモデル

の順で筋肉量が必要みたい。

モデルジャパンが一番筋肉量が少ない。

ちなみに

  • マッスルモデルは男性
  • フィットネスモデルは女性

みたい。

自分の体型がどれに該当するかようわからんから
とりあえず手始めに
「ベストボディジャパン部門」に応募してみる。

クラスについて

⚫︎ミスター部門(男性部門)
・フレッシャーズクラス(18歳〜29歳)
・ミドルクラス(30歳〜39歳)
・マスターズクラス(40歳〜49歳)
・ゴールドクラス(50歳〜59歳)
・レジェンドクラス(60歳〜年齢無制限)

⚫︎ミス部門(女性部門)
・ガールズクラス(18歳〜29歳)
・レディースクラス(30歳〜39歳)
・ウーマンズクラス(40歳〜49歳)
・クイーンクラス(50歳〜59歳)
・プラチナクラス(60歳〜年齢無制限)

の様に分かれている。
私は2022年の時点で35歳だからレディースクラスに出る事になる。

私がガンが完治する39歳までずっとレディースクラスで出れる。

予選と決勝とについて

予選を通過すれば同じ日に決勝に出る事が出来る。

予選と決勝の違いは

  • ウエアが違う。
  • 音楽も違う。
  • ヒールは同じ。
  • 予選は規定ポーズ1回+フリーポーズ
  • 決勝は規定ポーズでくるくる回される。

ウェアについて

前までは自分で自由に水着などを揃えていたみたいだけど
今は公式ウェアでないと失格になる。

けど、公式グッズ集めは売り切れ続出で苦労する。

商売する気あるのかっ!?

その時の記事はこちら↓

掛かる費用について

最低限必要なのは

  • エントリー費用 14,300円
  • 公式ウェア 48,600円位(女性の場合)

だけ。

けど実際は、

ジム代、減量食代、日サロ代(私はしてない)等掛かる。

私の場合はパーソナルジム代が1番掛かった。
乳がんの治療よりも掛かった。

ベストボディジャパンに出る為に通ったパーソナルジムの記事はこちら↓

ポージングについて

引用元:規定ポーズ – BEST BODY JAPAN

予選・・・規定ポーズ、フリーポーズ
決勝・・・規定ポーズのみ

との事。

予選ではピックアップ審査があればステージ上では2回規定ポーズをする。
決勝では勝ち抜けば規定ポーズをクルクルまわされる。

そもそも人前でポーズをとる機会が今まで無かった為、

私に出来るのかな?

と思ったけど
ジムの空きスペースで踊りの練習をしてる 私にはいけるかもしれない。

イエローカードについて

ベストボディジャパンはサッカーみたいにイエローカードとレッドカードがある。

例えば女子の場合

  • 手の指がまっすぐなってない。
  • 指が揃ってない。
  • 腰に当てている指の小指が浮いている。
  • 腰に当てている手が縦向きになってるから横にするように。
  • 手をくびれに当てていない。
  • つま先が揃っていない。

をしたらイエローカードになる。

男女共通は

  • 腰に当てている手の位置が高かったり低かったりする。
  • 規定ポーズのサイドポーズの際、手の位置を逆にする。
  • フリーポーズの際、右に行かなくちゃいけないのに左方向に進む。
  • バックポーズの際に手の甲が審査員側に向いている。

との事。

イエローカード的な事を2回やった場合は
2回目はレッドカードになる。


更に、予選から決勝までイエローカード情報は引き継いでいるとの事。
例えば、予選で指が揃ってなくてイエローカードをもらって、決勝でも同じ事をしたら、
同じ内容でもレッドカードになる。

予選でレッドカードになると決勝に行くのは難しいってレッスンの先生が言っていた。

だからと言って
全員が言われる訳じゃないから、
運ゲー要素が強い。

開催場所について

2022年度のベストボディ・ジャパンコンテストは、40都道府県の地域で開催し、
関東、首都圏、関西、東海、九州等の各エリアで行われる。

引用元: 2022年度の大会スケジュール

地方大会と日本大会があり
各地方で上位3名が日本大会に進める。

ピックアップ審査とは

ピックアップ審査とは
予選で行なわれるもので、決勝に行けるかギリギリな人が呼ばれる。

言い方を変えると、
「ピックアップ審査で呼ばれない」って事は確実に決勝に行けるか、確実に予選落ちと言う事みたい。

各クラスごとに行われる。
例えば、30代女性のレディースクラスが15人出場する場合は
2つのグループに分けられ、2つ目のグループの最後の人までフリーポーズまで終わったら、全員がステージに並び、そこから何人かピックアップ審査として呼ばれる。

地方など1つのクラスで5人など、出場者が少ない場合は、ピックアップ審査がない場合もある。

ピックアップ審査の回数は
通常ならクラスごとに1回だけど、
男子の20代、30代は出場人数が多いから複数行われる事もある。

あと
イエローカードをもらったからと言って
ピックアップ審査に呼ばれないわけではない。
イエローカードの有無は関係ない。

【2022年5月追記】

ピックアップ審査にも呼ばれず
予選落ちした私は
箸にも棒にもかからなかったという事。

決勝での審査

決勝では「ピックアップ審査」と言う呼び方ではなく「比較審査」と言われてる。
最初の規定ポーズが終わった後に
アナウンサーが「ファーストコールお呼びします!」と言って前に呼ばれる。

やってる事はピックアップ審査と同じく審査員の前でクルクル回される。

決勝進出者が10人の場合は
ファーストコールで6人が呼ばれ、
6人から4人になり、更に最終的に2人になり、
1位か2位の人は合計で4回規定ポーズを行なう。

ファーストコールで呼ばれる6人は、
真ん中の人ほど順位が高い立ち位置で並ぶ。

タイムスケジュール

どの地域でも12時半から男子の予選が開始する。

基本的にベストボディジャパン部門から始まるけど、
場合によってはモデルジャパンなどから始まる場合もある。
なんでなのかはわからない。

ベストボディジャパン部門だけの開催だったら12時半から開始して15時半位には終わるけど、
・ベストボディジャパン部門
・モデルジャパン部門
・マッスルモデル&フィットネスモデル部門
の3つ同時開催のときは休憩をはさみ閉会式まで5時間位掛かる為、終わるのは18時位になる。

まとめ

初心者がベストボディジャパンについてまとめてみた。

正直、出場してみないとわからない事もたくさんあるから
それを知れる楽しみる得る為に出れるようにがんばる٩( ‘ω’ )و