【ガン関連6-⑪】傷口を比較し検証をしてみた

2022年4月に初めてベストボディジャパンと言うコンテストに出てみた。

ベストボディジャパンでは規定ポーズとフリーポーズがあり、
フリーポーズは自分の好きなポーズを取れる。

そこで私は敢えて傷口を見せるポーズを取り、
プロのカメラマンに撮ってもらったら
どの位、傷がバエるかを検証する事にした。

傷口の検証

まずは2020年9月の1回目の手術の後の状態。

良い感じに傷付いてる!

毎日傷口を見てると、
見慣れたと言うか、最初の頃の傷が名残惜しくなったりする。

当時の記事はこちら↓

2022年4月の大会当日の朝。

まぁまぁかな。

スマホのカメラのライトを当てて写真を撮ると、こうやってわかるけど
暗い所で見るとわからないし、
そもそも腕を上げる機会もあまりないから目立たない。

そして、
実際にプロのカメラマンに撮ってもらったポーズはこちら。

全然目立たない!

拡大してみた。

拡大してもこんな感じ。

全くわからん。

まとめ

ステージの証明が強い事もあり
手術しても、自分が思ってるより傷が目立たない事がわかった。

次の記事はこちら↓

前の記事

体の写真(2022年6月)