ベストボディジャパンに出場してみた(2022年さいたま大会)【前半】

2022年4月24日(日)。

ガンになってからの目情であるベストボディジャパンに出場した。

ベストボディジャパンは全国で開催している。
本当は実家のある秋田大会で出たかったけど、
過疎り過ぎて開催していない為、さいたま大会に出場してみた。

起床

薬の副作用なのか目覚まし前に目が覚める事が多く、
目覚ましは7時にセットしたけど、6時に起床。

時間があるからお風呂に入った。

体重測定

前日比

  • 体重 -0.6kg
  • 体脂肪率 +2.2%
  • 内臓脂肪 +-0
  • 骨格筋率 -0.6
  • 体年齢 +-0歳
  • 基礎代謝 -16kcal
  • BMI -0.2

2日前と比較して2kgダウン!
自分史上、最高に痩せられた!

朝ごはん

いつも通り乳がんの薬のタモキシフェンを飲む。

カーボアップ用おやつ

近くのコンビニでカーボアップ用のおやつや飲み物を買った。

お腹いっぱいになりたくないけど
エネルギーが欲しい。

糖分が足りてないのか
やたらポカリが飲みたくなった。

服装

当日の天気は曇時々雨。
一応傘を持っていく。

脱ぎやすいようにパーカーを着用。

髪の毛セットした後に着替えて崩れたら嫌だから
家から中に予選用のトップスを着ちゃう。

こんな感じで今日は一日過ごす。

出発

美容院を9時に予約してるから、8時におうちを出た。

美容院でメイクと髪の毛をやってもらう

浦和のパルコの前にあるアンジュと言う美容院で
髪のセットとメイクをしてもらう。

髪の毛の希望は

  • ハーフアップ
  • 巻いてほしい。
  • 左だけちょろっと出してほしい。
  • てっぺんはふんわりしてほしい。

メイクの希望は

  • アイラインは上だけ引いてほしい。
  • ツリ目だからタレ目メイクをしてほしい。
  • アイシャドウはラメのゴールドが良い。
  • リップはブラウン系が良い。
  • 眉毛は太くしてほしいけど濃くはしないでほしい。

金額は7,700円。

お会計含め1時間ちょいで終了。

仕上がりはこんな感じ。

時間調整

11時の受付まで時間が余ったから
この格好で浦和駅周辺をうろうろする。

浦和駅をウロウロしていると・・・

スタバだ!
時間を潰そう!

エスプレッソを頼んだ。

エスプレッソは滅多に飲まないけど

普段なら

にがっ!

すくなっ!

って思うところだけど
今は余計なカロリーや水分を摂りたくないから

ありがたやー

と、美味しく頂いた。

会場に到着

アクセス|埼玉会館 (saf.or.jp)

浦和駅から徒歩6分くらい。

受付

事前にベストボディジャパンから来たメールの情報だと
11:00〜11:20/出場者受付時間
だったけど、
10:50に着いたら
既に行列が出来ている。

ムキムキマッチョがいっぱいで怖い・・・!

スタッフ

クラスと名前をお願いします。

レディースクラスのなつみです。

受付では自分の出場するクラスと名前を告げる。

支払い時のチケットは見せる必要はなかった。

スタッフ

こちらになります。


番号の印刷された缶バッチ式のゼッケンを受け取る。
9番をゲット!

事前に公式サイトに掲載されている出場者名簿の番号と同じ。

どうやらゼッケン番号は入金順ではなく1次審査のエントリー順っぽい。

このゼッケンは記念にお持ち帰り出来る!

受付時に貰った物

ゼッケン番号と同時に記念品みたいなのを貰った。

EAAってなんだろう?

筋トレ頑張ってるけど知らないことが多い。

あとは
スポンサーからの記念品とのことで
マスクにつけるバッジももらった。

右の絵はなんだろう?
五重の塔?
なんで?

何が書いてあるのかよくわからなかった。

受付を通過してから控室に行くまでもちょっと待つ。

控室に行くのを待ってる間に
パンフレットをゲット!

自分の名前が載ってるだけで嬉しい

タイムスケジュール

しばらくするとぞろぞろと控室に入室する。
そこにはタイムスケジュールが貼ってあった。

私が出場するレディースクラスは
13時25分からになっている。

実際はこれより早く進行が進んだみたい。

出場者ルールミーティング

11:30~12:00くらいにミーティングというルール説明をするため、
全員観客席に呼び出される。

けど事前にベストボディジャパンから来たメールには

運営会社

今年から事前に自分で動画で見てね!

と書いてあったため皆戸惑う。

控室で一緒の子

え?
ルールミーティングってやらないんじゃないの?

化粧が途中な子や着替えが途中な子がいたけど、
とりあえずぞろぞろと観客席へ向かう。

わー!
観客席から見たステージってこんな感じなんだー。

すぐに司会のおじさんが出てきて
ざっくりした説明が始まる。

選手は客席に座って見る。

最初に

司会のおじさん

初めて出る人手を挙げてください。

と言うから私も手を上げて周りを見たら
結構初めての人が多い印象だった。

説明の中で強調していた事は

司会のおじさん

メインポーズの時は
ちゃんと目張りがされている位置まで出てきてください。

と言っていた。

理由は

  • 手前まで来ないと写真撮影が上手く出来なくなる。
  • 左右に移動する際に前後の人とぶつかる。

とのこと。

その他の説明は

司会のおじさん

パンプアップの器具は
トレーナーが同行している場合のみ回収出来るから
ステージ裏まで持っていって良いです。

とか言っていた。

どういう事をしたらイエローカードとになるかの説明は無かった。

私的面白かったのは
説明の中で

司会のおじさん

以前の大会で
近くの公園で懸垂にしに行ってた人がいて
点呼の時に居なくて失格になったから
そこまでは探しに行かないので気をつけてください。

て言ってたのがウケた。

最後に誘導スタッフの紹介をして
ルールミーティングは終了。

控室の様子

最初控室に入った時は

綺麗なお姉さんがいっぱい居て緊張する・・・!

ってヒヨッたけど、
レッスンで知り合った子が声を掛けてきてくれて
だんだんと緊張が溶けてきた。

控室の雰囲気は、
女子の部活動の部室みたいな感じで和気あいあいとしていた。

控室は年齢別クラス別に分けられて
ベストボディ部門とモデル部門は同じ部屋。

11時ちょうどくらいに入室したけど、
鏡がある席、椅子がある席などほぼほぼ良い席は先に来た人で埋まっていた。

トレーナーが同行している場合は
男性トレーナーは控え室に入れずに廊下で選手のパンプアップをしていた。

トレーナーではなくヘアセットやメイクの同行の女性もいた。

困った事は
ここの埼玉会館はスマホの電波が入らないのが辛い。
wi-fi も飛んでない。
何人もの選手が電波難民になっていた。

控室で一緒の子

電波ないよー!
ぴえーん!

周りを見渡すと
トレーナーか同行して体のコンディションを整えていたり、
1人で黙々とパンプアップしてたり
化粧をしたり髪の毛巻いたりしてる人がいる。

私はカーボアップ用の大福を食べながら周りの子と女子トークをしたり
写真を撮ったりして過ごしていた。

後から思えばこの控室の過ごし方の時点で
結果は決まってたな。

予選開始

12時30分から予選が始まる。
まずは審査員の紹介から。
レッスンで何度か会った先生が審査員だった。

そしてすぐに男子の予選が始まる。

控室のTVモニターから映像と音声が聞こえて来て

司会

ただいまイエローカードが上がりました!

と言われると
見てるこっちも

ビクッ!

とする。

朝美容院でメイクをしてもらったけど、
13時前になるとよれてくるのでちょっとお化粧直しをした。

モニターから聞こえてくる、

司会

フロントポーズ!

司会

サイドポーズ!

の掛け声に合わせて控室でも練習する。

最後のトイレも済ませたから
あとは呼ばれるのを待つ。

控室で一緒の子

最後の悪あがきで小顔ローラーしとこ!
コロコロ♪

あはは〜♪

とか話していたらレディースクラスの点呼が始まった。

後半はこちら↓